介護で食事を世話する際の宅配サービスの選び方

>

介護になってしまって働きたくても働けない人たち

老齢になっても働くことが出来ない人たち

そして高齢者社会になってくるとどうしても働くことの出来ない人たちが出てきます。
まず病人、そして長高齢者です。
人生100年時代といわれている今の日本で病人は今後どんどん増えることが予想されます。
病院のベッドはほとんど高齢者で埋め尽くされ待機待ちの老人が列を成している状態になります。
そして病院も長期入院をさせない動きもすでに始まっており、短期間で強制退院をさせられる患者が急増しています。
ではそういった人たちは一体どうすればよいのでしょうか。
高齢者施設や介護施設もありますが、圧倒的に数が少ないのとこれもまた入居待ちで入れる人は本当に少ないです。
こうなると強制退院させられた人や介護認定で謬尾員を出された人たちはどうやって暮らしていったらよいのでしょう。

介護生活を余儀なくされた人たちの苦悩

そうして介護認定を受け介護患者になってしまうと選択を余儀なくされます。
自宅介護か介護施設への入所を選択させられることになります。
しかし介護施設は空き待ちの状態となれば選択肢は自宅介護しかなくなります。
しかし自宅介護は家族の相当な覚悟と苦労がなくては成り立ちません。
自宅で療養するとなると当然面倒を見るのは家族の存在しかないわけで患者の世話をすべて請け負わなくてはならなくなります。
これには相当な労力と精神的、肉体的負担が大きくのしかかり、乗り切るのは相当の覚悟が必要になります。
また患者側も当然病院のようなサービスは受けられませんので患者の側にも大きな負担は乗っかってきます。
このように自宅介護は患者と家族両方に大きな負担を強いるものなのです。


この記事をシェアする
▲ PageTop